節電のためにとやってたことが!

 

使い終わったあとの炊飯器

節電のために、電源プラグをコンセントから抜いてますか?

 

節電のために使用後は抜いてます♪という方が

多いようですが

 

使い終わったあとの電源プラグは

抜かない方がいいんですって (゚o゚;;

 

“節電のため”とこまめに電源プラグを抜くことが

かえって内蔵電池を消耗することに

なってしまうんだとか!

 

 

ほとんどの炊飯器には

時刻やメニューを表示をする

液晶画面がありますが

 

 

 

電源プラグがコンセントに差し込まれている状態であれば

その電力を使うことで動くのですが

 

 

抜いてしまうと、液晶画面の主電源は

炊飯器の内部に固定されている

リチウム電池で動くことになるんです!

(内部に固定されているので、自宅では交換できません)

 

 

機種にもよりますが、1年間電源プラグを挿したままの

炊飯器の電気代はおよそ250円。

 

 

リチウム電池を交換する場合は

修理代として5,000円〜8,000円程かかることも!

 

 

炊飯器の電源プラグをこまめに抜くことで

かえって出費が20倍以上になる可能性があるということが

9/8放送の「林先生の初耳学」で紹介されていました!

 

 

少し前に、炊飯器の電源プラグに

磁石をつけたばかりだったのに

(これがまた、くぼみと磁石がピッタリフィット!!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

スチールラックにピタッ!としてましたが

 

 

ソッコーでコンセントに挿しました(笑)

 

 

リチウム電池の消耗を抑えるためにも

電源プラグはコンセントに

挿したままにしておきましょう♪

 

 

アイロンの電気コードも同じように

(毎回片付けるの面倒くさいので)

磁石でピタッと

これはきっと節電だよね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です